So-net無料ブログ作成
アンチエイジング系化粧品のトライアルセット

ナチス親衛隊、ヒトラー元護衛 ローフス・ミシュ氏 死去 [人物]

スポンサード リンク




ナチス・ドイツの総統のアドルフ・ヒトラーの元護衛(側近)で、

最後の生き残りと呼ばれていた、ローフス・ミシュ氏が5日、

ベルリンで心臓発作のため、亡くなった。96歳だったそうだ、

ミシュ氏が書いた本の著作権代理人ミヒャエル・シュティーレ氏が6日、明らかにした。
ローフス・ミシュ氏は2007年7月30日の独ニュース週刊誌に、

「今後も秘密は明かさない」と答えていましたが、彼は秘密を明かさずに亡くなってしまった

のでしょうかね?アドルフ・ヒトラーのことを知りたい人は沢山いると思いますが、秘密に

されたまま亡くなるのもまた残念なものです。あくまで私の憶測ですが...


ローフス・ミシュ.jpeg


1945年5月2日、旧ソビエト連邦軍によりベルリンが

陥落し、当時27歳だったローフス・ミシュさんは、陥落時に

ヒトラーの元を去ったそうで、その2日後、ヒトラーは銃で自殺。


ドイツ軍のポーランド侵攻に参加し重傷を負い、 回復の後に、

上官である中隊長ヴィルヘルム・モーンケは、彼を礼儀正しく忠実な兵士と

見込んで、ベルリンの総統官邸勤務に推薦し、そこでヒトラーの護衛係となったそうだ。


ソ連に拘留されてたらしいですが、1953年にベルリンに戻るまでに、カザフスタンと

シベリアを合わせて計8年も捕虜として拘留されていたそうですよ。

拘留というより、懲役刑を食らうような感覚でしょうかね。

戦後は少年期の教育を生かして画家となったそうです。


スポンサード リンク




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。