So-net無料ブログ作成
検索選択
アンチエイジング系化粧品のトライアルセット

窪田良さん、眼科医で有名! 挑む治療薬とは? [人物]

スポンサード リンク




今、一際目立つ人がいます。
眼科医でありながらも研究者である、窪田良さん。

アメリカの西海岸のシアトルで活躍する日本人起業家。
その窪田良さんが世界を変えるであろう、

未だに承認済みの治療薬がないとされる眼科疾患。
失明を防止するという「内服薬」の新薬開発をほぼ完成させたそうだ。

kubota ryo.jpg


気になる窪田良さんとは?



簡単なプロフィールをご紹介します。

創業者でありAcucela社のCEO(最高経営責任者)である。

1966年に兵庫県生まれる。現在46歳
1991年に慶應義塾大学医学部卒業し、

慶應義塾大学の大学院に進み眼科学研究において
博士号を取得。

眼科学研究過程に緑内障原因遺伝子となるミオシリンを発見し
須田賞を受賞しており、眼科医としても名を上げている。

眼科専門医としても緑内障や白内障などの多くの
手術を執刀している、ベテランです。

数々の今までの経験から、2002年4月には
バイオベンチャーを起業。(Acucela)アキュセラ社を自宅の地下室で設立。

自身が執刀してきた経験から、飲み薬による失明の治療を目指している。



その新薬とは?


40代~50代に発症し失明の原因のトップである、「加齢黄斑変性症
網膜の中央部分、黄斑が変性(歪む)し始め、視力低下を引き起こし、

重症になり最悪なケースだと失明に至る可能性が高い病気です。

自身がCEOを勤めるアキュセラ社が日本大手の製薬会社
「大塚製薬」と共同開発下、成功したそうだ。

加齢黄斑変性症にも種類があり、ウェット型とドライ型があり
ドライ型が患者の90%を占めるそうで、そちらに視点を向けたものだそうだ。

食品医薬品局(FDA)は既に優先的審査を出しており、
優先的に開発するべき新薬としてお墨付きをもらっているとか。

この薬が画期的なのは飲み薬であるということだそうで、
専門的受診が難しい発展途上国では貧困者の患者にも

手軽に服用できるとしており、最終臨床試験をクリアすれば
注射や点眼薬とは違うので、世界が変わると仰っているそうです。



窪田良氏は「当初、成功の確率は、わずか3万分の1だった」と言っていますが、
本当に継続は力なり。という言葉を体現してくれている方だと思います。

新薬開発には10~12年掛かると一般的に言われていますし、
毎年の新薬の臨床試験は1000件ほどとも言われていますが、

認可が下りるのも数十件しかなく、険しい道だったと思いますが、
素晴らしい功績だと思います。

これからも窪田良さんには頑張ってほしいですね。




スポンサード リンク




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。