So-net無料ブログ作成
検索選択
アンチエイジング系化粧品のトライアルセット

カジノ法案が閣議決定 カジノが出来るのはいつか、パチンコ業界はどうなる? [政治]

スポンサード リンク




日本は基本的に賭博というものは禁止されており、
現行の法律では違法とされています。

賭博及び富くじに関する罪」という刑法に規定されており、
賭博行為をした者は「50万円以下の罰金または科料」に処せられます。

但し、金銭でなく即時に娯楽に
供するものであれば成立はしないとされていますね。

開帳賭博となれば、話は変わり、博徒を結合し
利益を図るようなこととなれば3月以上~5年以下の懲役に処せられます。


全面的に日本では「賭博」というものは禁止ですが、
2020年に来る東京オリンピックが追い風となり、

カジノ法案閣議決定したそうだ。

カジノはいつできるのか?パチンコ業界はどうなるのか?
気になるところをご紹介します。


casino.jpg



気になるカジノ法案とは?



文字通り「カジノ」ですが、今まで日本では「非合法」だったのが、
カジノが「合法」として出来るようになるということです。

安倍政権は観光立国としても更に日本を進めていきたいと
考えており、カジノ施設整備の検討を開始し始めました。


推し進めている人達は?



この法案に関して推し進めている人達は、
安倍首相、麻生太郎副総理、日本維新の会、石原慎太郎共同代表
生活の党小沢一郎代表。

その他にもさまざまな大手企業の社長や会長の方が
カジノ誘致を積極的に進めているとか。



そして民主党政権下に発足した「国際観光産業振興議員連盟
いわゆる、カジノ議連と呼ばれていますね。

経済効果も試算するだけでも数兆円にも上るとみられ、
更にアベノミクスの起爆剤とも呼べるでしょう。

これだけの政界の重鎮が揃っておりますので、
一部の政党は反対はするでしょうけども、

このカジノ法案は成立はまず間違いないとみられています。
カジノと言えば黒い陰もチラついたり、青少年の育成や

治安悪化に拍車が掛かってしまうため、タブーとされてきました。
それを打ち消すかのように2020年東京オリンピックが来たため、

波に乗った形のようですね。11月の総会で、
カジノ法案を正式に決定。

カジノに参入する企業もカジノ議連で選別するそうだ。
暴力団のフロント企業もあるくらいですから、

上手く選別してもらいたいところですよね。


パチンコ業界はどうなる?



日本には多くのパチンコ会社がありますが、パチンコ業界も相当
イジメられているらしく、この推進法案が追々は実現となると

限りなく黒に近いグレーのパチンコ業界は「潰される」か、
カジノが合法になることにより「パチンコも完全に合法」となるのか、

二極化になると思います。煙たがられている部分がありますし、
利権も絡んでいますからどうなるのか、今後は見物だと思いますね。






スポンサード リンク




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。