So-net無料ブログ作成
アンチエイジング系化粧品のトライアルセット

川上哲治さんが死去。元巨人で赤バットの哲、打撃の神様と言われた男 [人物]

スポンサード リンク




元巨人の川上哲治さんが死去。
往年、野球界の強打者と知られており

戦中・戦後におけるプロ野球界の大スター。
打撃の神様」と呼ばれるほどでしたね。

そんな川上哲治さんの経歴をご紹介したいと思います。


kawakami tetuharu.jpg


川上哲治とは?


出身地は熊本県球磨郡大村というところで現在は人吉市。
生年月日 1920年3月23日-2013年10月28日(満93歳没)


現役時代は左投左打の選手で、練習熱心で知られており
1950年のシーズンの途中では人を雇い当時の多摩川のグラウンドで

打撃練習をしていたところ、球が止まって見えるという
感覚に襲われたそうで、これが後に「ボールが止まって見えた」という

有名なエピソードになりましたね。赤バットでも有名で、
赤バットの哲とも言われ、赤いバットは信号機で言う

赤色で、そのバットで止めるという意味を込め
後ろには行かせないという理由があったそうです。


後に現役を退き、読売ジャイアンツの監督になり、

ミスターで有名な長嶋茂雄さん、王貞治さんを両スター選手で
抱えていた当時のジャイアンツ。

1965年からは9連覇。74年までの14年間は
11度もリーグ優勝に導き、日本シリーズも全て勝ちました。

敏腕な監督でしたので、尊敬する選手も沢山いました。


亡くなるまでのその後は?


野球界からも引退して、自身は少年野球の指導に力を入れて
日本各地を回ってみたり、プロ野球の評論家としても活動。

球界OBの中でも大のゴルフ好きだったそうですね。
左利きゴルファーの会の名誉会長だったとか?

その後は老衰が顕著になってきたので、
静かに暮らしていたそうで、長寿を真っ当したそうです。


ちなみに、有名な野球アニメ「巨人の星」では
川上哲治さんが神がかりな名監督として

主人公の星飛雄馬や星一徹たちの運命に
関わっていくとか。原作者が同じ熊本出身のため

主人公以上に好成績を残した川上哲治さんと
登場させたかったそうですよ。




スポンサード リンク




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。